[ESSA 2008] 四・日 2-8 東京 三回の大量失点に泣く

[2008/09/07] by jose

前日からの雨で開催が危ぶまれましたが、非常に厳しい日差しと暑さの中での試合となりました。参加者が五人のため、日暮里との連合チームで試合に臨みました。試合はこの暑さのせいか二回まで両チーム無得点という展開で始まりましたが、三回、久々に登板のクッキー投手の投球をじっくり選ぶようになった東京打線に連打を許し、あっという間に六失点。その後四谷も反撃するものの単発に終わり、三回の大量失点が響く形での惜しい敗戦となりました。

 
1
2
3
4
5
6
R
0
0
6
1
0
1
8
0
0
1
1
0
0
2

間に一試合はさんで日暮里・埼京連合チームとの試合となりましたが、非常に怪しい雲行きの中でのゲームとなりました。二回裏終了時点で降雨と雷が鳴り出したためノーゲームとなりました。その直後にゲリラ豪雨が球場を襲ったため、全員ずぶ濡れになりながらの帰宅となりました。

2008年09月10日 13:39更新
コメント(3) [コメントを投稿する]
とも 2008年09月09日 09:35

凄かったですねー。私は教会にいってたため、間に合うかなー?と思ってたんですけど、迷って遅れました。あそこ複雑ですね。帰りはカッパで照る照る坊主になりながらの帰宅になりました。雷には撃たれずに済みました。<br>バッティングは、お二人のパワーヒッターのアドヴァイスを受けたのに、打てずじまいでした。次は京都鴨。。

とも 2008年09月09日 09:38

パワーじゃないですね。アベレージヒッターですね。投手にしては打つ選手と、甲子園でホームランを打った元選手です。

銀路 2008年09月10日 13:39

参加の皆様、お疲れ様でした。<br><br>帰りがけ、あの土砂降り状態が秋ケ瀬公園の真ん中辺りでは<br>小降りか止みかけ状態でした。いかに狭いエリアだけ降ってたんだか。日曜日は明け方のサッカーから起きてたので、帰り道では疲れもあって居眠り運転しかける始末、反省です。<br><br>家に無事帰るまでがソフトボール、拙例ですがご注意。


«9/7 のスケジュール 最新 5/17 は中止です» 編集